対処法

風俗店でシャワーに入りたがらないお客様の決まり文句は様々になってきます。
決まり文句というか、実際のところは言い訳のようなものですので、どういったことであろうがシャワーに入ってもらうことはしなければならないのです。
日本にも法律というものがあるように、このシャワーに関しては風俗業界の法律だといっても決して過言ではないのです。
それでも絶対に入ろうとしないお客様はどうしても出てくるのです。
もし、そういったお客様がいたらどうすればいいのか気になるところでしょう。
まずは、「シャワーに入って頂かないと・・・」といったように優しくお願いしてみるところから始めなければなりません。

最初から強めに言ってしまえば角が立ちますので、最初はやんわりと控えめに言うのが無難なのです。
すんなりシャワーを受け入れてくれた時に、その後あまり気まずくもならないのでこれが1番のオススメでもあります。
次に、「お店の決まりですから」というのもいいでしょう。
上記のようにやんわり勧めてもなお断られたときに使う言葉かもしれません。
やはり、お店の決まりという正論を使うことが大事にもなってきます。
ここで受け入れてもらえなければちょっと厄介なお客様に分類されるので、ある意味ここが分岐点でもあるのです。
そして、次あたりから強めの口調で「それではプレイができません」とはっきり言います。

ただし、良い方はまだやんわりでもあるのです。
「一緒にシャワーを浴びて頂かないとプレイができないんです」と残念そうに言ってもいいですし、笑顔で「シャワー入って頂かないと何もできませんよ」と言うのもありです。
それでもダメな場合は、「では一応お店に確認してみます」というフリが結構有効になってきます。
ほとんどないですが、万が一それでも押し問答が続くならお店を上手に活用しましょう。
とはいえ、まだこのタイミングでは「お店に連絡するフリ」であり、実際には連絡はしないのです。

実のところこれは結構有効であり、「では一応お店に確認してみます」と言えば、ほとんどのお客様が観念してくるのです。
それでもダメな場合は最後の一押しになります。
「本当にシャワーを浴びて頂けませんか」と言ったり、「お願いします、シャワー浴びて頂かないとプレイできないんです」と最後の一押しで言いましょう。
それでもダメであれば、最後はお店に連絡をして終了にすればいいのです。
お店のスタッフは100パーセントシャワー浴びて頂かないとプレイしてはいけないと言いますので、いくら厄介なお客様でもこれで解決するはずです。